妖怪道中記

ようかいに何か用かい?

妖怪道中記 カセット

ひでちゃんです。今回はファミコンソフト 妖怪道中記 のレビュー編です。

妖怪道中記
機種ファミリーコンピュータ
発売1988年 ナムコ
ジャンルアクション
プレイ人数1人

妖怪道中記の概要

妖怪道中記 4-1

いたずらばかりしていた主人公たろすけが、神様のお仕置きによって地獄めぐりをする、という設定の横スクロールアクションゲーム。

アーケードからの移植で、アーケード版は高難度で有名。
ファミコン版では難易度が下げられているが、それでもゲーム後半の難易度はかなり高い。

妖怪道中記 2面ボス

全5ステージの構成で、その間の主人公の行いの善し悪し(PIOUSの数値)によってエンディングが変化する、マルチエンディングとなっている。

道中では念力を飛ばして妖怪たちと戦いながらステージを進んでいき、ボス戦ではご先祖さまを呼び出し空中戦を繰り広げる。

その他、念力の溜め打ち、買い物や修業よるパワーアップ、ちょっとエッチなイベント?など仕掛けが多い。

このゲームの思い出

友達の家でPCエンジン版見て「おもしろそう♪」と思い、その後ファミコン版を購入。
当時はずいぶん遊んで、一応クリア済み。

でもその時、良い行いの値は0で、エンディングは
地獄で釜ゆで
とかだったはず。。バッドエンド過ぎる。。

ゲームの基本操作

  • ↑:ロープを上る
  • ↓:念力を溜める
  • ←→:左右移動
  • A:ジャンプ
  • B:念力を飛ばす
  • セレクト:ご先祖様を呼び出す

ここが名作ポイント

妖怪道中記 ザックリ評価
名作度★★★☆☆
かんたん☆☆★むずい
ひとりで★☆☆みんなで
じっくり☆★☆サクッと

クリアするだけならなんとかなる。はず(^^;
テクノ調のポップなサウンドが、地獄巡りを明るい雰囲気に変えてくれて○。
念力の溜め打ちもアールタイプみたい?で楽しいです。

ただ、一定時間経過すると出てくる、火の玉みたいなヤツがいて、こいつに触るとまさかの一発アウト。。
しかもこいつ、しつこく出てくる。。
これがなかったら、かなりの名作なんですが。。

こんな人におすすめ

  • 日頃の行いに自信のある人
  • ようかいに用事ある人

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

関連記事はこちら

コメント

こんばんわ。

このゲームは意外と難しかった記憶が・・・(´Д`;)
ウチだけかもしれないですけど( ̄▽ ̄;)

未だにクリア出来てないんですよね・・・

そのうちリベンジしてみます(;`・ω・´) ノおぉ~~

Re: こんばんわ。

雪桜さん、こんばんは。
またまたコメント、うれしいです。
ありがとうございます!

> このゲームは意外と難しかった記憶が・・・(´Д`;)
> ウチだけかもしれないですけど( ̄▽ ̄;)
いや、やっぱりクリアはそこそこむずいかも?です。
特に4面以降は・・・。
まあ、コンテニューはあるんで、体で覚える感じで(笑)

リベンジ頑張ってくださいね!
非公開コメント

ページトップへ