スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドンキーコング3

むし・むし・ドンキー・むし

ドンキーコング3 カセット

ひでちゃんです。今回はファミコンソフト ドンキーコング3 のレビュー編です。

ドンキーコング3
機種ファミリーコンピュータ
発売1984年 任天堂
ジャンルシューティング
プレイ人数1人

ドンキーコング3の概要

ドンキーコング 代表画面

ドンキーコングシリーズの第3弾はシューティング、そしてマリオはお休み。 主人公スタンリーが植物園のお花を守るため、ドンキーや虫たち相手にスプレーで奮闘します。

敵は花を狙うハチ、猛スピードでアタックしてくる蚊、じゃまをするイモムシなど。
敵に当たったり、ドンキーがロープから落ちるとアウト。

ドンキーにたくさんスプレーして画面上端まで追いやるか、虫たちを一定数倒すとステージクリア。
残っている花の数によりクリアボーナスが変化します。

スプレーには射程距離があるため上下の移動も重要で、パワースプレーを取ると一定時間だけ射程が伸びる。

ゲームの基本操作

  • ↑:上段へ移動、ジャンプ
  • ↓:下段へ移動
  • ←→:左右移動
  • AB:スプレーを放つ

ここが名作ポイント

ドンキーコング3 ザックリ評価
名作度★★★☆☆
かんたん☆★☆むずい
ひとりで★☆☆みんなで
じっくり☆☆★サクッと

ドンキーを押し上げるため上段へ、ムシたちを警戒して左右へ行き来と、とにかく移動が忙しい。
パワースプレーが効いてる時は力押しでいけますが、切れると一気に大忙しに…

ドンキーコングやJrよりもキャラの動きが軽快でリアル。
しかし同じようなステージが続き、内容はやや単調。
ゲームウォッチに近いファミコンという感じです。

こんな人におすすめ

  • ムシムシ系が大丈夫な人
  • 単純なゲームの方が好きな人

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

No title

この当時のゲームはどれも面数が少なくて、今思うと単純ですよねぇ
単純で飽きるんだけど、ずっとやってたりしました(≧∀≦*)
今に比べて二人プレイとかのゲームもずっと多かったですもんね

このゲームは結構虫がいやらしくて、スピード感あるテンポとあいまって結構思い通りになかなかいかず、難しく感じてました
調子に乗って最初に景気よくジャンプしてコングにぶつかったりしたのもいい思いでかも(≧∀≦*)

ぱに~にさん おはよう

いつもコメントありがとうございます!

2人プレイのゲーム、たしかに多かった気がしますね^^
うちにも何本かありましたよ。友達遊びに来たとき用 みたいなソフト。
そういうソフトって、単純な方がすぐ遊べていいのかもしれませんね。

そしてこのソフト、スピード感ありますよね。
(忙し感も。。)
難しかった分、当時はかなりムキになってやってました(笑)
非公開コメント

非公開コメント

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。