スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツインビー

ポップでキュートなシューティング♪

ツインビー カセット

ひでちゃんです。今回はファミコンソフト ツインビー のレビュー編です。

ツインビー
機種ファミリーコンピュータ
発売1986年 コナミ
ジャンルシューティング
プレイ人数1~2人同時

ツインビーの概要

ツインビー 代表画面1

対地/対空撃ち分けタイプの縦スクロールシューティングで、アーケードからの移植作。
キュートな戦闘機「ツインビー」と「ウインビー」が、島を占領したスパイス大王軍に立ち向かうストーリー。

ツインビー 代表画面3

プレイヤーはツインビー(またはウインビー)を操作し、次々と現れる野菜や果物などのコミカルな敵を倒していく。
途中雲を撃つとベルが現れることがあり、取ったベルの色(数回撃つと色が変わる)により様々なパワーアップをすることができる。

★ベルの色とそのパワーアップ効果★

  • 黄色:ボーナス得点
  • 青色:スピードアップ
  • 白色:ツイン砲
  • 赤色:バリア
  • 赤白点滅:分身(1人プレイ時のみ登場)
ツインビー 代表画面2

各ステージの最後には大王直属の将軍(ボス)が待ち構え、それらを倒すと次のステージへ。
全5ステージ構成で、ラスボス スパイス大王を倒すとゲームクリア。クリア後は難易度が上がりループする。

敵弾に当たると腕が取れてしまい対地ショットが撃てなくなるが、その際一機につき一度だけ救急車が登場、腕を治してくれる。
2人プレイ時にはツインビーとウインビーの2体の合体も可能で、ファイヤー攻撃・スター攻撃といった特殊な攻撃を行うことができる。

ゲームの基本操作

  • 十字キー:ツインビーの移動(8方向)
  • A:対地ショット
  • B:対空ショット

ここが名作ポイント

ツインビー ザックリ評価
名作度★★★★☆
かんたん☆★☆むずい
ひとりで☆★☆みんなで
じっくり☆★☆サクッと

ゼビウスを可愛らしくした感じ、でしょうか!?
キュートなキャラクターやアイテムと、ポップなサウンド♪女子や子どもでも入りやすい世界観のシューティングです。

ただし見た目ほど難易度は低くはなく、特に終盤は敵の攻撃がけっこう激しい。。(^^;
一度ミスすると立て直しが大変ですので、お気を付けて~

こんな人におすすめ

  • 堅実タイプは スーパーキャンディー+バリア
  • オラオラタイプは ツイン砲+分身

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

ベルに夢中になると・・・

ひでちゃんさんこんばんは!

ツインビーはベルの色を変えようとしていると敵への対応が疎かになってしまいますね~思ったより難易度が高いシューティングゲームでした(^^ゞ

二人協力プレイも斬新でしたよね、協力プレイと言いながら妨害にも発展したり・・・またそれも楽しい♪続編でないかな~

No title

堅実タイプでいつもプレイしてました(笑)
そしていつも間違えてスピードアップを取りすぎて自滅しちゃうんですよねぇ…

我が家で初期の頃は唯一に近いシューティングゲームでした
結構敵の動きもトリッキーですし、5面の電球とか超苦手でしたよ
いつもなぜか一周すると満足してやめていたような気がします(≧∀≦*)
今やっても一週くらいできるかな?もうムリかもなぁ

No title

名作シューティングゲームですねー

全5ステージだったんですね!?
もっとあるのかと思ってました・・・。
昔の記憶を呼び起こしてみても、3面くらいまでしか進んだ記憶がない・・・(汗)
ただでさえシューティングゲームが苦手な自分にとって
見た目の可愛らしさと違って、難易度は鬼だったような気がする・・・

これがいわゆる、ギャップ萌えってヤツか(笑)

こんばんわ~(*´∀`*)

ツインビー懐かしいですね♪
このソフトは友達と一緒にプレイしていました(*´∀`*)
蒼ベルろ取り過ぎてスピードが早くなって終るってパターンが多かったです(笑)
当時はスグ終ってしまって拗ねてたけど今となっては笑い話にして楽しく話しています(笑)

こんにちは

 こんにちは管理人様。江保場狂壱です。

 ツインビーは友人の家で散々プレイしました。
 難しくて二面どまりでしたね。
 私もオラオラタイプでした。

 腕が取れたら救急車が出てくるのはユニークでしたね。
 昔は見た目は可愛いけど、難易度が高いのは普通でした。
 では。

No title

やはりこのゲームは、女性の人気も高かったようで、いとこのねーちゃんに無理やり特訓に付き合わされた過去がありますw
いや、でもツインビーは面白いですよね。
今やっても熱中できます。

……シューティングは得意じゃないですけどw、

Re: ベルに夢中になると・・・

ねこかんさん こんばんは~
コメントありがとうございます!

> ツインビーはベルの色を変えようとしていると敵への対応が疎かになってしまいますね~思ったより難易度が高いシューティングゲームでした(^^ゞ
そうなんですよね~
ベルを狙った色に変えたり取ったりするのに、敵がけっこうジャマなんですよね。。
1面でさえすでにそんな感じなものだから、2面以降は…
意外と侮れないシューティングです。。(^^;

ぱに~にさん こんばんは~

コメントありがとうございます!
わたしも最初ころはずっと堅実タイプでした(笑)
でも一応持ち主でしたし、けっこうやり込んだソフトでしたので
腕が上がるにつれ徐々にオラオラな感じに…(笑)

あと5面の電球って、追っかけてくるヤツですよね!
あいつ一番ヤバいですね。。
最近久々にプレイしましたけど、電球で撃沈でしたよ~
一回でもミスってノーマルになっちゃうと、もうボッコボコで。。(^^;

雪那さん こんばんは~

コメントありがとうございます!

> 名作シューティングゲームですねー
ですよね~
個人的にはこういうポップな感じの、結構好きです^^
でも独りよがりかな?って思ってて、、
あまり名作だ!名作だ!みたいに押しませんでしたけど…
実際なかなかの作品だと思いますよ♪

ギャップ萌え…(笑)

雪桜さん こんばんは~^^

コメントありがとうございます!

懐かしいですよね~
青ベル取って速すぎちゃってっていうパターン、経験者多いと思います~^^
分かってるんですけどね!でも他の色にするの大変だったり、
なんか取らないともったいないみたいな感じで、ついつい…(笑)
わたしはグラディウス系でもよくやっちゃってました。。(^^;

江保場狂壱さん こんばんは~

コメントありがとうございます!

ツイン砲+分身って慣れてくると、けっこう使いやすかったりしますね~♪
気質的な部分もあるかもですが^^(笑)
わたしの中では数少ない「やり込んだシューティング」でしたので
なんとなく敵の出現パターンが頭に入っていたのも大きいかも知れません。
こんなにやり込むシューティングは、今後ないかもなぁ…

当時は難しいゲームが当たり前でしたよね!
持ってたソフトでも、クリアできたのは数えるほどでしたし。。(^^;

No title

補足を少々
・地上物の法則
地上物は6個目がキャンディ、そこから9個目が☆(敵全滅)、
さらにそこから9個目がミルク(1UP)となります(以降繰り返し)
連続ではなくトータルなので途中取り逃がしてもそこまでの個数はリセットされません
ただしその分出るのが後ろにズレることになります
・キャンディの法則
キャンディを取る時にセレクトを押しながら取る事で通常とは違った方向に弾が出ます
1つ目が←↑→、2つ目がY字、3つ目が↑/→となります。1つ目と3つ目はクセがありすぎて扱い辛いのですが
2つ目のY字タイプは後ろに弾が出るので5面のバイブール(バウンドしまくる敵)対策になります
ただし早くても3面以降になるのでそれまで←↑→方向弾で過ごすのはややキツいかもしれません
(どの段階でも次に取るキャンディをセレクト押さずに取れば通常の3wayになります)
・エグレス対策
赤ベルを取ると同時に出てくるエグレス編隊(卵型の敵)は出現と同時に画面左下隅に移動して
ショット撃ちまくりでほぼ確実にノーダメージでやりすごせます
・意外と知られていない敵
耐久力がない為ほとんど知らないうちに流れ弾で倒してしまっていますが
全5面中たった1度だけ登場してる”ラシャール”という敵キャラがいます
4面道中、最初の川が見えてきたらショットを撃つのやめてスコアの所を見てください
ちょうどその位置で小さく回転しながら弾をばら撒きまくってるハサミの形をした敵キャラがいます
それがラシャールです

個人的に分身は常時動かなければ意味がないリスクがあるのでお奨めできません
シューティングの基本は無駄な動きをしない、ですから
コナミのシューティングはグラディウスなんかもそうですが、設定上最新鋭戦闘機のはずなのに
1度死んだらハイそれまでよ、な復活が難しい作品が多いので基本はノーミスクリア必須です

二条ジョウさん こんばんは~

コメントありがとうございます!

> いや、でもツインビーは面白いですよね。
> 今やっても熱中できます。
そうですよね~♪
おもしろいゲームは時代が変わってもおもしろいですよね~^^
最新ゲームみたいに映像や音楽がハイクオリティじゃなくても、
内容次第では昔のだって十分遊べると思います♪
まぁ、わたしが最新ゲームに付いていけてないことは、否定しませんけど^^(笑)

名無しさん こんばんは~

詳しい解説どうもありがとうございます^^
わたしの記事は詳細さが足りないものですから・・・(^^;

キャンディをセレクト押しながら取ると弾の方向が変わるってこと、
知らない人けっこう多いと思いますよ。
Y字は割と使いやすいですが、それまでが少し大変かもしれませんね。

あとツイン砲+分身、、邪道でしたかぁ^^(笑)
たしかにリスキーではありますよね。
実際わたしはずっと動いてますし。。(苦笑)
でもボスを一瞬で倒せるのが気分良くて、、それでなんとなく・・・(^^;

今晩は

ファミコン版のツインビーは難しかったですね、ポップな見た目と
は裏腹です。
3面が限界でした(^^;
シューティング苦手ですので・・・
でもこのゲーム最終面クリアしても確かループするだけでしたよね
この頃のコナミは音源もすばらしかったのでサウンドもいい音楽で
した。

ねむりねこさん こんにちは~

コメントありがとうございます!
返信遅れてしまいスミマセンです。。(^^;

このゲームは見た目ほど簡単じゃないですよねぇ…
わたしは持ち主でしたけど、クリアできるようになるまでは
1年以上かかったと思います。。
3面も、横から来るカニの対応とか、けっこう忙しいんですよね。。(^^;

> この頃のコナミは音源もすばらしかったのでサウンドもいい音楽でした。
ですよね~♪
やっぱり音が良いゲームって、ポイント高いです^^

はじめまして

ツインビーはとても懐かしいですよね。
近くの女の子が持っていたので、
何か口実をつけて遊びに行って
やりこんだことを覚えてます。
記事を読ませていただいて
さっそく中古ゲームジャパンで購入してしまいました

ツインビヤーさん はじめまして!

こんばんは。コメントありがとうございます!
ツインビー、懐かしいですよね^^
キャラがかわいいし、女の子でも楽しめますね~

あと中古ゲームジャパンってこれまで使ったことなかったんですが、
レビュー書いてたり、なかなかおもしろいお店ですね♪
わたしも今度じっくり見てみようと思います。
ツインビー楽しんじゃってくださいね~^^

Re:ツインビー

ツインビーシリーズは、同時プレイの面白さとともに相手の本性を見せつけられる怖いゲームでした。

笑えるキャラクターは、後のパロディウスシリーズに受け継がれたんじゃないかな。

すーぱーぺるるさん こんにちは

お返事が遅くなりスミマセンです。。

シューティングで同時プレイって面白いですよね♪
わたしはヌルいゲーマーでしたので、2人でワイワイできる
ツインビーみたいなゲーム、好きでしたよ♪
必ずしも強力になってないところも楽しいですよね!(笑)
非公開コメント

非公開コメント

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。