ドラゴンクエスト3 旅日記 第11話

ゆうしゃの勇気(ランシール)

厳しい修業の末、全員がレベル20を超えた一行は
ようやく転職、とダーマ神殿へ向かった。

あそびにんは晴れてけんじゃとなり
他のメンバーは、まだ転職に迷いがあったため、今回は保留とした。
ドラクエ3 ダーマ神殿 賢者へ転職

その後、エジンベア、ジパング、ムオル、浅瀬のほこら、と回り
ランシールへ。
いよいよオーブ集め、スタート!

ここでは、ランシール内の神殿から、地球のへそと呼ばれる洞窟へ行き
ブルーオーブを入手する。
この洞窟には、誰か一人しか入れない。
ここを使ったファミコン版のバグ技なんかも有名だが、それは置いといて、

さて、誰が行くか?

考えるまでもなく、普通はゆうしゃであるわたしが行くべき。
攻・守・回復とバランスがよく、そしてなにより主人公だから。
黙って「じゃ、オレいってくるわ」と言えばよい。

しかし、、、

はっきり言う。いや、言います。
わたしは小心者のビビリーです。暗い洞窟に一人でってのは ちょっと。。。

他に適任者はいないかなぁ?と、メンバーの顔を見渡す

とうぞく:肉食系女子。走・攻・守、全てが高く、うちの実質的なエース。
     が、メタル狩りの件でかなり働かせてしまい、頼みにくい。
     というか「あたしは行かないよ」的オーラをビシビシ出してる。

けんじゃ:元あそびにんで、ハートの強さはダントツ!
     けんじゃとなった今では、ポテンシャルもNo.1の次世代エース。
     しかし、まだまだ実践経験が足りず、現状は2軍レベル。

そうりょ:頭は良いが、メンタル的に不安定で危ういタイプ。
     攻・守いまいちだが、回復力は強み。
     実はアフロヘアーの設定(どうでもいいよね。。)

となると、、、そうりょか?

わたしは、わたしよりもそうりょの方がこのミッションに適している、 と
どうすれば説明できるのか考え、ふと、そうりょと目が合った。

その時

「ここは、ゆうしゃさんにお任せしては、いかがでしょう?」
と、そうりょ。

!!!

「さんせー」
「賛成です」
間髪入れず、二人が同意。

くっ、、先に動かれちまったぁ・・・。

その後、反論を試みるも、時すでに遅し。
3対1の構図ができた時点で、大勢は決していた。

ドラクエ3 ランシール 神殿1

「へーへー。ゆうしゃのゆうは、勇気のゆうってかぁ・・・」

わたしは一人、ブツブツ文句を言いながら、洞窟へ向かって歩きだした。

つづく

ドラクエ3 第10話へ戻る
ドラクエ3 第12話へ進む

コメント

No title

アフロだったのか(汗)
ファンキーな僧侶だ・・・

まぁこういった場面は大抵指名されたもの負けか、言い出したもの負けのどっちかなんですよねぇ
言い出すってのも、結構な勇気が試されるんじゃないかと思うんだけどなぁ

自分的には
今までメンバーを一度も離脱者を出さずに、ずっと経験値を同じにしてきたのに、ここで誰か一人だけずれるのか(汗)
な~んてことを不満に感じたりするイベントだったりします(笑)

Re: No title

ぱに~にさん こんばんは
コメントありがとうございます!

たしかに実際のこんな場面では、言い出すには、ある程度の覚悟が必要ですね。
言った以上はおまえも!とかなりますから(笑)

わたしも経験値、気にすることあります。
昔は特に、誰かが死んだら必ず逃げる、倒さない、みたいなのやってました。
でも今回の転職は必須。だって、このままじゃ大変そうだから。。。
って理由になってないですかね(^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

ページトップへ