ドラゴンクエスト3 旅日記 第12話

忍びよる冷たい何か(地球のへそ)

町を出てすぐのところに、その洞窟はあった。
ドラクエ3 地球のへそ1

町の近く、とはいっても外界とは隔離された空間、
観光客などいる訳もなく、辺りはしーんとしていた。

一面何もない砂地のど真ん中に、ポカンと一つ
地下へと伸びる、大きな口。

コウモリなんか、出なきゃいいが。。。

正直入りたくはない。
が、ずーっとここで突っ立っている訳にもいかない。
タバコを消して、フーッと深く息を吐くと、 わたしは洞窟の中へ入っていった。

中は洞窟、というよりは神殿か遺跡か、神聖な雰囲気のある人工物だ。
壁のところどころにはたいまつが設置されていて
思っていたよりは明るく、5メートルくらい先は見える。

通路にはなぜか、気味の悪いドクロの像が整列。
たいまつの揺らぎに照らされた、悪趣味なそれは
なんともいや~な雰囲気をかもし出していた。


もうずいぶん昔の話だが一時期、ある邦画のホラー映画が 話題になっていた。
小心者でビビリーなわたしだが、その時は好奇心が勝ち、つい見てしまった。

そのメイドインジャパンな、いやらし~い脅かし方といったら。。。

その映画は、わたしにとって完全なトラウマとなった。
10年以上経過した今でも、電気を消して寝ることができないし
目を閉じてシャンプーするのが怖い。。

そんなわたしに一人で洞窟など、罰ゲームもいいところ。


4人の時は気付かなかったが、後ろに誰も居ないとこんなにも
不安なものなのか。。
背中が無防備な感じがたまらなく怖い。

わたしは袋から聖なるナイフを取り出すと、前にかざしてバックミラーの代わりにした。
前後左右をくまなく警戒、慎重に奥へと進む。


ガサガサッ!

ビクッ!!
物音に反応して、後ろを振り向く、が、誰もいない。

「誰?」
答えはない。
わたしはふーっと深く息を吐き、進む。


しばらくするとまた、後ろから物音。

再びビクッ!と振り返るが、やはりいない。

「ふーーっ、ふーーっ」


再び前を向き直した、その時


首筋にペタッっと、、冷たい何かが触れた。。。


ホイミスライムがあらわ・・

「うわぁーーーーー!!」

わたしは全力で駆け出した。

ドラクエ3 地球のへそ モンスター1

(帰りたい、帰りたい、帰りたい、帰りたい)


はぁ、はぁ、はぁ、、
時間にして1~2分だろうが、既に肺が苦しい。。


目の前の階段を下りると、やや明るいちょっとしたスペースに出た。
(ここは安全そうだな)
立ち止まったわたしは、瞑想、呼吸とメンタルを整え始めた。

つづく

ドラクエ3 第11話へ戻る
ドラクエ3 第13話へ進む

コメント

No title

ドラクエ3をやったのはもう20年以上?前なので、細かい所は忘れてしまっていますが、辺鄙な所に「ポツン」と洞窟があって、「ドキドキ」「わくわく」しながら奥へ進んで行ったことを思い出しました。

洞窟に入ってすぐに強いモンスターに遭遇し、慌てて逃げ出したり、何度も「リレミト」を唱えて脱出したり。。。

うーん、懐かしいです^^

Re: No title

YUKIさん こんばんは
コメントありがとうございます!

わたしは何回か遊んでいるので、20年前とはいきませんが、
ファミコンで、ドラクエ3が発売されたのが88年なので
四半世紀前のゲームなんですよね!

そう考えると、ものすごく時代を感じます。

わたしも全然覚えてないゲームが多々あります。。
やり直してみた後でさえ、ココこんなだったっけ?とか
全然ピンとこなかったり(^^;

No title

地球のへそってレベル20くらいでくる所でしたっけ
もうすっかり覚えていない
最近結構レベルが上がりすぎるゲームばっかりしてるから、20とか聞いても大したことないようにおもえてしまう(笑)
そいやドラクエ1なんか20程度でクリアでしたよねぇ

Re: No title

ぱに~にさん こんばんは
コメントありがとうございます!

この辺はレベル20で全然問題なかったですよ(^^)
ファミコン版の時は、もう少し上げたかもしれないですね。。
スーファミ版は、複数攻撃できる分だけ難易度下がってますね。

ドラクエ1はわたしはレベル25位でクリアした記憶です。
でも初めてのクリアは、何かのパスワード使ったんですよ(^^;
ふるいけや・・・、だったか、ほりいゆうじ・・・、だったか。
非公開コメント

ページトップへ