ドラゴンクエスト3 旅日記 第13話

間一髪の脱出劇(地球のへそ2)

次第に落ち着きを取り戻したわたしは、冷静に現状を分析していた。
(取り乱してしまった原因は背後。。。背中が無防備なのが良くない)

問題点は即修正するのがわたしの流儀。
背中を壁にピタッと付けると、壁づたいに進み始める。

(これなら死角がない!よし、いける!)

・・・。

魔物たちは、本気潜入モードのわたしのことを、全く気付いていない。
エンカウント率0パーセント。透明人間にでもなった気分だ。

いける!と確信した次の瞬間

「引き返せ」

「えっ!?」

誰もいないはずの背後、しかもかなり近く、確かに声がした。。。
恐るおそる振り返ると、、、後ろの壁には、なんと

顔!!

「うぁっ!!」

驚いて、後方に数メートルふっ飛んだ。
回転しながら受け身をとるも、飛んだ先のカベにも、

顔!!

「引き返せ」

「あぁぁ~~~」

後ずさりしながら周りを見渡すと、、、そこら中に

顔!顔!!顔!!!

「うぁ゛ーーーー!」
「リレミトーーーー!!」

洞窟を緊急脱出したわたしは、後ろを振り返ることもなく、大急ぎで町へ。

神殿に入ると、神官と仲間たちが待っていた。
神官はこう言った。

「ひとりでさびしくなかったか?お前は勇敢だったか?
いや…。それはお前が一番よく知っているだろう」

「・・・・・・。」

ドラクエ3 ランシール 神殿4

その夜はランシールの宿へ。
目を開けたままシャンプーをして、電気を付けたまま、寝た。

オーブを取れなかったこと、明日ちゃんと言わなきゃ。。


翌日、バイキング形式の朝食をあらかた食べ終わると、コーヒーをすすりながら
わたしはようやく皆に切り出した。

「大事な話があるんだ・・・。」

選手交代。。。
結局今回も、とうぞくがミッションをクリア。
勇敢だった父にはまだまだ遠く及ばない、ゆうしゃでありました。

チャンチャン♪(なんだこれ?)

つづく

ドラクエ3 第12話へ戻る
ドラクエ3 第14話へ進む

コメント

No title

勇敢ばっかりが人生じゃないさ
でも、勇者の称号は返却したほうがいいような(笑)
パーティで行動するんだから、誰かが出来ればいいのさ( ̄▽ ̄;)!

なんとなく覚えていますw

こんばんは~^^
私はフャミコン版でしかプレイしていませんけど…そういやそんな場所ありましたねw
私も結構不気味だった事覚えていますw

スーファミ版か…
私もやってみようかな!

ぱに~にさん こんばんは

コメントありがとうございます!

たしかに!
勇者の称号、返せるものなら返したほうがいいですね(笑)

チームでカバーし合うのは、とても大事なこと。
誰でも長所と短所がありますからね~
でもこの勇者、ちゃんと長所を持っているんでしょうか・・・
微妙だな~(^^;

アメさん こんばんは~

コメントありがとうございます!

スーファミ版のドラクエ3はサクサクとテンポよく進むので
忙しい人にもおすすめです(^^)

でもこの記事の内容は(自分で言うのもアレですが)全くあてにならないので
気を付けて下さいね(笑)
非公開コメント

ページトップへ