ぺんぎんくんWARS

ぺんぎん × ドッジ × ボーリング?

ぺんぎんくんWARS カセット外観

ひでちゃんです。今回はファミコンソフト ぺんぎんくんWARS のレビュー編です。

ぺんぎんくんWARS
機種ファミリーコンピュータ
発売1985年 アスキー
ジャンルアクション
プレイ人数1~8人(2人同時)

ぺんぎんくんWARSの概要

ぺんぎんくんWARS 代表画面

主人公のぺんぎんが、ネコやパンダなどとボールを投げ合って戦う、ドッチボールちっくなアクションゲーム。
トーナメントを勝ち上がり、優勝を目指します。

自コート、相手コートともボーリングの玉みたいなボールが5個ずつあり、それを相手コートに投げ合う。
操作は、避ける・つかむ・投げるだけ。
制限時間後、自コートのボールが少ない方が勝ち。

ピンクのカセットに描かれてる、ポップでかわいい動物達が印象的ですが、ほのぼの系ではありません。
WARSです。。

ゲームの基本操作

  • ←→:ぺんぎんくんを左右に移動
  • AB:ボールを掴む、ボールを投げる

ここが名作ポイント

ぺんぎんくんWARS ザックリ評価
名作度★★☆☆☆
かんたん☆★☆むずい
ひとりで☆★☆みんなで
じっくり☆☆★サクッと

シンプルルールでかんたん操作、空き時間などちょこっと遊ぶのに向いてます。

ただ、ハメて勝つ、ハマって負けるみたいなとこが強く、スポーツマンシップ的にちょっとアレかも(笑)
特にコアラが…(^^;

トーナメントには8人まで参戦できますので、みんなでコアラに挑んでみてはいかがでしょうか?(笑)

こんな人におすすめ

  • ぺんぎんが好きな人
  • コアラとのトラウマと向き合いたい人

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

関連記事はこちら

コメント

非公開コメント

ページトップへ