スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングオブキングス

ナムコの名作シュミレーションゲーム

キングオブキングスカセット

ひでちゃんです。今回はファミコンソフトキングオブキングスのレビュー編です。

キングオブキングス
機種ファミリーコンピュータ
発売1988年 ナムコ
ジャンルシミュレーション
プレイ人数1~4人(ターン制)

キングオブキングスの概要

キングオブキングス 代表画面

ナイト、ドラゴン、エルフなどが登場する、ファンタジーな世界観のターン制シュミレーションゲーム。
町を占領しながら戦力を拡大し、他勢力のキングを全て倒すと勝利となる。

戦闘において重要となるのがユニット同士の相性。
攻守とも相性に左右されるため、有利なユニットで勝負するのが基本となる。
序盤主力となる妖精3ユニット、ゴブリン・ハーピー・エルフが3すくみ(ジャンケン状態) なのが代表的。

キングオブキングス 代表画面2

相性については生産画面で「○○には負けない、××が苦手」などのヒントが聞けたり、戦闘前に◎△×で予測表示されるなど、初心者にも分かりやすい親切な作りに。

他にも、レベルアップ、上級ユニットへのクラスチェンジ、魔法で召喚できるユニット、キングが城に居ないとユニット生産ができないなど、ユニークなシステムを持っている。

全4シナリオをコンピュータと対戦するモード ルシファーとの戦いと、最大4人プレイで、同盟などの設定もできるモード マルチプレイ、がある。

このゲームの思い出

お気に入りの一本で、よく対プレイヤー戦で遊んでいたゲーム。 クラスチェンジが良いスパイスになっていて、ナイトを頑張って育てるのがとても楽しいかった♪

それからこのゲームには限りませんが、シュミレーションゲームを人間同士で遊ぶと

  • 特攻してくる人
  • やたらと慎重で自陣をグルグルに囲む人
  • 自由に楽しんでる人

などなど、進め方に個性が出てすごく面白いですね。

ここが名作ポイント

キングオブキングス ザックリ評価
名作度★★★★★
かんたん☆★☆むずい
ひとりで☆★☆みんなで
じっくり☆★☆サクッと

非常にゲームバランスが良く、わたしの中では超名作。
弱い人族がうまく育つとクラスチェンジして強くなる、拠点変更のためにキングを移動が必要など、ユニークな要素もあり、ほど良い緊張感を与えてくれます。
当時のシュミレーションゲームの中では、異彩を放っていたのでは?

ぜひマルチプレイでの対プレイヤー戦をプレイしてみてください。 個性的な戦略が見られて、きっと面白いですよ。

こんな人におすすめ

  • シュミレーションゲームorファンタジー系が好きな人
  • 好きではないけど、わたしに少しだまされてみたい人

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

関連記事はこちら

コメント

非公開コメント

非公開コメント

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。